釜山・慶尚南道・全羅南道と「夏の香り」の旅 2005/4/28〜5/7   【Travel Diary】   【Home】

 【旅の準備】 【旅の日記】 【旅のごはん】 【旅の宿】

旅の準備



2月中旬のある日、ねえさんは膨大な書類と格闘していた。
(ねえさんの場合10枚以上は膨大である。)
そう、確定申告の季節である。税金を取り戻して、ゴールデンウィークは海外でバカンスだ〜!!
ねえさんの素晴らしい脳がショートをおこしかけ、倒れそうになりながらも完成だ〜!
還付金53,095円! 
これでGWに優雅なバカンスが過ごせる・・・ハズもないか??

行き先はこの金額では「韓国」以外は無理か? ということで釜山に決定! 釜山は3度目だ。
大阪から船が出ているが、GWは運休だ。格安航空券も探したが、今回初めて「正規早割運賃」を利用する。
4月28日出発、5月7日帰りの10日間だ。運賃39,000円。空港税や航空保険も含めると44,550円となった。
これで残金は8,545円となる。う〜ん、赤字だな。

旅費節約のため、ホテルは現地で調達することにする。なんとかなるだろう。
今回のTomo(注1)は逆境に強い。いきあたりばったりで問題なしだ。

(注1)ねえさんの旅の同行者は全てTomoと表記した。Tomoは同一人物ではないので注意されたし! 友なのか、はたまた供なのかはご想像にお任せする。*TomosはTomoの複数形だ。


さて、こんな計画をたてていたが最近(3月中旬)日韓の雲行きが怪しくなってきた。「竹島」問題だ。
反日で世論を高めようとしているのか、定期的に問題がおこる。
「冬のソナタ」で友好関係を築けたとは、ねえさんは決して思っていない。
「ホテリアー」のロケ地でもある世界遺産の「宗廟」では日本語案内が中断されていた。
思うに、歴代の王や王妃を祀る場所ということを知らず、騒ぐ観光客が後をたたないのであろう。
単に日本語喋れる人が風邪ひいて休んでいたかもしれないが・・・・
訪問地のTPOはわきまえたいものだ。
言いたいことは山ほどあるが、とりあえず雲行き晴れないかなぁ?

そんなこんなで、当初ねえさんは、たまにはTomoを撒いてひとりで釜山を楽しもうと思っていたのだが、改心!
ねえさんの安全のために、Tomoと行動しよう!


外務省のサイトで安全情報を確認してみた。 渡航先の安全情報を確認するのは国民の義務だ!
日本人観光客の被害が増えているそうだ。
人ごみや、ホテルでは大声で日本語を喋らないようにと書かれている。
Tomoに伝えねば! それに、ねえさんいいアイデアも思いついた!

ねえさん 「Tomoちゃん。釜山では英語で喋ろう!アメリカ人のふりしよう。」
Tomo   「・・・・・・バレる・・・・・・」

ちっ! いいアイデアだと思ったんだがバレるか? ねえさんはカラコンだって持ってるぞ!
「R」と「L」の発音の区別ができないねえさんだ。すぐにバルるか!
ちなみに韓国人は「F」の発音ができない!
「コーヒー」は「コピィ」だ。「パシフィックホテル」は「パシピクホテル」だ! かわいい!

やはり、外務省はねえさんより一枚上手だ。小声で喋ることにしよう!


Tomoが突然言い出した! 「夏の香り」のロケ地に行こう!」
「夏の香り」? 韓国ドラマだが見たことがない、というか、ねえさんは韓流ファンではないのだ。
とりあえず、ネットで「夏の香り」をチェックしてみた。ねえさん、惚れました! 茶畑に・・・。
何を隠そう、ねえさんは「お茶道楽」である。美味しいお茶のためならどこまでも行くぞ〜!

ロケ地の茶畑とは、全羅南道の宝城(ポソン)という所にある「宝城茶園」である。
一面に綺麗な茶畑が広がり、美味しいお茶も飲めそうだ。行きます! 決定!

重要なロケ地として、「茂朱(ムジュ)リゾート」がある。これはどうでもいいが、このリゾートは 徳裕山国立公園にある。ここなら行ってもいいな〜ということで、ここも決定!

バスに乗り継いでの旅になるが、イマイチ行き方もよくわからないが、なんとかなるだろう。
別に「夏の香り」のファンではないので、違う場所に辿り着いてもねえさんは全然だいじょうぶだ。
Tomoがなんとかするであろう????

ここで1つ問題が・・・。「夏の香り」を行くまでに見なければいけないのだろうか?
Tomoはビデオを用意すると言っているが、ねえさん、ホントに韓流ドラマは・・・。



★ねえさんが利用した「いろいろ」★
大韓航空 航空券の手配をした。今回初めてエアラインから直接購入した。大韓航空の電話の対応、すっごく親切だ!
韓国観光公社 情報収集に利用。ガイドブックを送付してもらった。郵便切手を同封し郵送で申し込めば送ってくれる。詳細は「リンク」ページにバナーから!
プサンナビ 情報収集に利用。携帯電話の予約もした。日本からの連絡用と、Tomoとの迷子防止用だ。
地球の歩き方 ガイドブック。「迷い方」なんて悪口言われてるが、格安旅行者には最適だ。ねえさんの愛読書!


夏の香り(夏日香気)メイキング映像+MV集VCD(台湾版)【お取り寄せ商品】


大阪から釜山への船便
パンスタードリーム号という船が南港〜釜山間を往復している。博多や下関は知っていたが、大阪からも出ていた。
残念ながらGWはドッグ入りということで運休だが、夏休みや年末年始の飛行機の高い時期には利用価値がありそうだ。



携帯電話レンタル
日本から予約すると、事前に電話番号を教えてくれる。レンタル料金は1日2000wだ。通話料は別。
ホテルが現地調達なので、家族に緊急連絡先として教えておけるのが便利だ。

韓国観光公社やソウルナビ、プサンナビ等で予約できる。





宝城(ポソン)
宝城は、韓国最大の緑茶の産地。4月5月が一面の緑で綺麗らしい。「夏の香り」だけでなくいくつかの映画やドラマのロケ地となっている。
ねえさん、一番のお気に入りは台湾のお茶たちであるが、韓国のお茶も今から楽しみである。





↑Topへ


 【旅の準備】 【旅の日記】 【旅のごはん】 【旅の宿】

釜山・慶尚南道・全羅南道と「夏の香り」の旅 2005/4/28〜5/7   【Travel Diary】   【Home】



SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO